Thinker's House

阿米/米粥/lucky/aa随便叫
文画都有,文比较多
冷门之中万劫不复
微博:https://weibo.com/u/1717729503

© Thinker's House | Powered by LOFTER

神仙手书ry
我是个为了凑字数不择手段的失格译者。我放弃进一步对字数了。


Unknow·Mother Goose

wowaka

あたしが愛を語るのなら
如果由我讲述起爱的话
その目には如何、映像る?
在那眼中的映像会如何?
詞が有り余るばかり
只有言辞绰绰有余
無垢の音が流れてく
无垢的乐音流淌
あなたが愛に塗れるまで
直到爱将你完全染遍前
その色は幻だ
那颜色都只是虚幻
ひとりぼっち、音に呑まれれば
孤身一人吞没在音符中
全世界共通の快楽さ
是全世界共通的快乐吧

つまらない茫然に溺れる暮らし
沉溺于无趣茫然中度日
誰もが彼をなぞる
人人都在扮作他人
繰り返す使い回しの歌に
来回反复又将滥用的歌
また耳を塞いだ
堵上耳朵充耳不闻
あなたが愛を語るのなら
如果由你来讲述爱的话
それを答えとするの?
要直接将那当作答案吗?
目をつぶったふりをしてるなら
若是装作视而不见的话
この曲で醒ましてくれ!
就用这曲让你清醒过来!

誰も知らんぬ物語 思うばかり
无人知晓的故事 无法克制地想着
壊れそうなくらいに 抱き締めて泣き踊った
离崩坏一线之隔地 紧紧拥抱落泪起舞
見境ない感情論 許されるのならば
暧昧不清的感情论 若也能被认可的话
泣き出すことすらできないまま 呑み込んてった
甚至无法放声哭泣 咽下泪水埋在心中
張り裂けしまいそうな心があるってこと、
悲痛欲绝几近撕裂 的心存在于此之事
叫ばせて!
让我号叫出声!

世界はあたしを拒んでも 今、愛の唄
世界啊即使你拒绝了我 如今又
歌わせてくれないかな
可否让我唱起爱之歌呢
もう一回 誰も知らないその思い
谁人都不知晓的那思念 再一次
この声に預けてみてもいいかな
试着托付给这歌声如何
あなたには僕が見えるか?
你能否看得到我呢?
あなたには僕が見えるか?
你眼中是否有我呢?
ガラクタばかり 投げつけられてきたその背中
一路走来不断遭人 投以垃圾的那背影
それでも好きと言えたなら
即使如此也说爱人的话
それでも好きを願えなら
就算这样也想去爱的话
ああ、あたしの全部に その意味はあるとーー
呜呼 我的全部都是为此而在吧——

ねえ、愛を語るのなら
这么 如果要讲述爱的话
今その胸には誰がいる
如今那心中藏着何人呢
こころのはこを抉じ開けて
强行撬开内心之箱
さあ、生き写しのあなた見せて?
来吧 展露鲜活的你
あたしが愛になれるのなら
若是我可以成为爱的话
今その色は何色だ
如今那颜色会是如何呢
孤独なんて記号では収まらない
孤独之类谱号无法写尽
心臓を抱えて生きてきたんだ!
只好怀揣心脏一路活过!

ドッペルもどきが 其処いらに溢れた
假扮二重身的家伙 在那四周泛滥不堪
挙句の果ての今日
到了最后便是如今
ライラ ライ ライ
心失きそれを 生み出した奴等は
将那无情无心之物 孕育而出的家伙们
見切りをつけてもう
早已放弃已然只能
バイ ババイ バイ
残されたあなたが この場所で今でも
残存下来的你如今 仍然留在这个地方
涙を堪えてるの
强自忍耐着泪水吗
如何して、如何して
为什么呢 为什么呢
あたしは知ってるわ
我是十分清楚的啊
この場所はいつでも
这个地方无论何时
あなたに守られてきたってこと!
都有你在全力守护!

痛みなどあまりにも慣れてしまった
疼痛之类饱尝之后 早就已经习以为常
何千回と巡らせ続けた 喜怒と哀楽
数千次的循环往复 喜怒哀乐七情六欲
失えない喜びが この世界にあるならば
永不褪色的喜悦若 真的存在于这世上
手放すことすら出来ない悲しみさえ あたしは
那无法忘怀抛弃的 连这悲伤之感我也
この心の中つまはじきにしてしまうのか?
不得不在心脏之中 极尽全力去厌弃吗?
それは、いやだ!
我不想要这样!

どうやって この世界を愛せるかな
要如何才能爱这世界呢
いつだって 転がり続けるんだろう
一直以来都磕磕绊绊吧
ねえ、いっそ
我说 不如
誰も気附かないその想い
将无人察觉的这份思念
この唄で明かしてみようと思うんだよ
在这首歌中说明道破吧 这么想着
あなたなら何を願うか
是你会祈愿何事呢?
あなたなら何を望むか
是你会渴望何物呢?
軋んだ心が 誰より今を生きているの
饱受压迫的心 比任何人都珍惜现在吗
あなたには僕が見えるか?
你能否看得到我呢?
あなたには僕が見えるか?
你眼中是否有我呢?
それ、あたしの行く末を照らす灯なんだろう?
那是 照亮我前进道路的明灯吧?

ねえ、あいをさけぶのなら
你啊 若是要呐喊爱的话
あたしはここにいるよ
我就在这里哦
ことばがありあまれどなお
言辞就算多如牛毛
このゆめはつづいてく
这梦更是延续不断
あたしがあいをかたるのなら
如果由我来谈论爱的话
そのすべてはこのうただ
一切尽在这歌中了
だれもしらないこのものがたり
无人知晓的这个故事
またくちずさんてしまったみたいだ
似乎又要哼唱出声了

评论
热度 ( 1 )